YouTubeチャンネルLink



自転車ランキング

2020年12月19日

ミヤタロードレックス6180レビュー


自転車ランキング



2020年11月にミヤタロードレックス6180を購入して約1ヶ月経ちました。
ほぼ週末しか乗れず累計走行距離も255kmと少ないですが山道や平坦路、ロードレックスが得意とする砂利道(グラベルロード)など走行した道はバラエティに富んでいるのでこれからグラベルE-BIKEの購入を検討している方の参考になればと思います。

まず、ミヤタロードレックス6180の基本情報。
・フレームサイズ:470(適正身長165〜178)と530(適正身長178以上)の2サイズ
・カラー:チャコール/ブラックとグレーブルー/ブラックの2色
・ドライブユニット:シマノステップス6180 最大トルク60Nm
・サイクルコンピュータ:シマノステップスE7000
・タイヤ:650B×45C ブロックタイヤ
・コンポーネント:シマノティアグラ 外装10段変速
・充電走行距離:ECOモード105km NORMALモード85km HIGHモード70km
・重量:470(18.1kg)530(18.3kg)

自分は身長175cmのためフレームサイズは470、カラーはグレーブルー/ブラックを選択。

特徴:
アシストユニット:シマノステップス6180&バッテリー
DSC02765.JPG DSC02772.JPG

シマノステップスサイクルコンピュータE7000
DSC02742.JPG

シマノティアグラ外装10段変速
DSC02762.JPG DSC02761.JPG

前後ディスクブレーキ
DSC02764.JPG DSC02766.JPG

650B×45Cタイヤ
DSC02763.JPG DSC02768.JPG

納車直後のノーマル状態
IMG_0879.jpg

純正サドルでは固く自分には合わない為、事前に準備していた肉厚サドルに交換、キックスタンド、ワイヤーロック、ボトルケージ、フェンダー代わりのリアキャリアを取り付けとりあえずお出かけ可能な状態に。
C3E4032C-186A-449E-8C5D-19DA9C07D061.jpeg IMG_0930.jpg
image5.jpeg IMG_0961.JPG

近所の山道、農業公園、サバゲーへの移動にと週末中心に走行。
・山道の感想:自宅から往復約25km、獲得標高315m、アスファルト&グラベルありのコース。
登り始めはエコ&ノーマールで十分、タイミングよくギアチェンジすると結構楽に登れる。
長坂はハイモードにするとさらに楽に、激坂だとハイモードでもちと辛い。
が、ギアを軽くすると立ちこぎ不要、足もつかずに登れた。
いつものこのコースだと1速のギアは不要だった。
ノーアシストを試してみたが本体が重いためとてもじゃないが登れない。
即足をついてしまった。
下り坂はユニットの抵抗もほとんど感じず、最高速は50kmオーバー。
グラベルは650B×45Cのブロックタイヤでエアボリュームがあるので多少の小石は弾くし、グリップ力も高い。
ディスクブレーキもよく効く。
ただ空気圧が高めなのか、またFサスがないためか路面に弾かれ腕に結構振動が伝わる。
グラベルロードを長距離走るときは空気圧を落としたほうがいいかも。

・平坦路の感想:自宅から往復約22km、標高差約10m、ほぼ平坦、アスファルトコース。
車道を走る分には相当快適。
ドロップハンドルだがアップスタイルなので姿勢が楽、視界も広い。
マンホールやグレーチングの上や歩道との段差、路肩の荒れた路面でも不安なく走れる。
段差越えのときは腕で衝撃を吸収する必要はあるが。
アシストは時速24kmで切れるため30kmペースで巡行しようとすると車体の重さが負荷となり辛い。
適度のアシストが効く15km〜20kmでのんびり走るのに適している。
走ることそのものを目的とするのではなく、荷物を積んで走るにはちょうど良い。
BBQやキャンプに行くときに荷物が重くてもアシストしてくれるので問題なし。
自分はデイキャンプのトランスポーターとしての使用がメインなので。

山道、平坦路ともにアシスト不要なときがあるためカタログ値よりも走行距離は伸びました。
130km走って初めての充電、250kmで2回目の充電をしました。


ここからは、ロードレックスに取り付けたオプションを紹介。

現在の状態
DSC02773.JPG

ボトルケージ
DSC02754.JPG DSC02747.JPG
定番のミノウラ製。

ハンドルエクステンダー
DSC02751.JPG
ハンドル周りのアクセサリースペース拡充のために。

3連LEDライト
DSC02748.JPG DSC02749.JPG
説明書では800ルーメン(ほんとかどうかは怪しいがそこそこ明るいです)。
5400mAのモバイルバッテリーも兼ねているのでスマホやカメラの充電にも使える。

アクションカメラ
DSC02750.JPG
万が一の記録用に。
電源はLEDライトから取っているため長時間録画が可能。

肉厚幅広サドル
DSC02744.JPG DSC02760.JPG
ロードの外観を損ねないギリギリのサイズ感。

ワイヤーロック
DSC02756.JPG
タイヤロック用と地球ロック用の2種類を装備。

オートフラッシャー
DSC02755.JPG
反射鏡+振動&明るさセンサーがついており自動点灯。

スマホホルダー
DSC02752.JPG
安価だけど片手で1秒取り付け&取り外し可能。
スマホだけでなくモバイルバッテリーもサイズが合えば固定できる。

キックスタンド
DSC02757.JPG
街乗り用の必需品。

バックミラー
DSC02758.JPG DSC02759.JPG
バーエンド取り付けタイプ。
不要な時はクローズすると目立たずスマート。
小さいけどあるとないとじゃ大違いです。

リアキャリア&リアバッグ
DSC02745.JPG DSC02746.JPG
キャリアは泥除けも兼ねてます。
リアバッグはサバゲーやキャンプ時の荷物入れに超便利。

・・・今後、キャンプのイスとテーブル積載用にフロントフォークにアウトポストカーゴケージを増設予定。


シマノステップスはBluetoothでスマホからアシストモードの設定やユニットのアップデートができます。
IMG_0942.PNG
将来法律がアシスト制限が24km以上可能となった場合、アップデートで解除されたりするのかな?と勝手に期待しております(笑)

また、シマノはE-TUBEというサイコンのアプリを無償提供しています。
このアプリを使うとステップスのサイクルコンピュータと連動し、時速やケイデンスなどの情報をスマホに表示しサイコンとして使用できます。
DSC02753.JPG DSC02771.JPG
他にバッテリー残量、走行可能距離、平均時速、最高時速など最大6項目が表示可能です。
地図上に走行記録を残すこともできます。

最後になりましたが、高価なE-BIKEどうしても盗難が気になります。
いくらカギを掛けていても自転車から離れるときは気が気ではありません。
そこで現在先行予約受付中のオルターロックを予約しました。(気になる方はググってください)
ボトルケージのダボ穴に共締め取り付けできて目立たず、振動感知アラーム・スマホへの警告通知機能・GPS追跡機能が付いてます。
第一世代はすでに販売終了しており、予約できるのは2021.3月発売予定の第二世代です。
本体が9,800円、月々360円のプランへの加入が必要で決して安くはない、いやむしろ高いですが、盗難に遭ってしまったらそのほうが金銭的精神的にショックですからね・・・。
自転車販売店の盗難保険にも入りましたが、保険期間は3年間、盗難保証は20%負担で新車が手に入る(ロードレックスは30万します。その20%は6万円!さらに装備品は対象外です。)とはいえ、盗まれると大変な負担です。
永くE-BIKE生活を楽しむためには投資が必要ですね・・・。

これから本格的な冬に突入ですが、防寒対策をばっちり決めて冬サイクリングを楽しみたいと思います!


自転車ランキング
posted by TAKA at 16:38| Comment(0) | ★自転車@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

E-BIKEでハーベストの丘へ

今日は堺ハーベストの丘へサイクリング🚴‍♂️
農産物直売所で黒にんにくを買いに。

お昼過ぎに着いて、黒にんにくやパンを買ってベンチでカロリーメイトを食べて休憩。

帰り道はナビにみかん畑🍊の道を案内され山を越えることに。
激坂続きでE-BIKEじゃなかったら無理でした。
下りは砂利道で、グラベルロードの本領発揮で駆け降りる!
往復3時間半走行距離45km、E-BIKEでもそこそこの疲労感。
次回はどこの直売所に行こうか…!

posted by TAKA at 18:55| Comment(0) | ★自転車@ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YouTubeチャンネルLink


にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村


トップページ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。