2006年06月30日

スロットカーホームコースをデジタル専用に!

タカラ・クアトロックスのレーンチェンジ・コンバージョンキットを購入後、既存のスケーレックストリックのコースと組み合わせてアナログコースとデジタルコースの2コースを共存させていましたが、デジタルコースのみに組み替えました。

デジタルスロットカーがクアトロックスの車両だけならアナログコースも残しておいたのですが、クアトロックス・デジタルUPユニットのデジタル基盤を取り外しクアトロックス以外の他メーカーのスロットカーに取り付けることによりデジタルコースを走行可能になったのでデジタルコースの1コースにしました。
スロットカーによってはデジタル基盤の収納が難しいものもありますが少しずつすべてのスロットカーをデジタル化したいと思っています。
デジタルスロットカーの場合、アナログコースも走れますしね。

ただ、コースが長くなると電圧降下の問題は避けて通れません。
しかも全長約19m近いコースの上、4台同時走行ですからやはりパワーベースから離れた所では超スローな走行になりました。
下手すると全く動きません・・・。
そこで以前の記事にも書いたバイパス配線処理です。
今回はパワーベース近くからリード線を引っ張り、計3箇所にバイパス配線を施しました。
そうすると4台同時走行でもほとんど気にならない程度に改善できました。
IMG_2383.JPG IMG_2379.JPG
右写真がバイパス配線です。
1レーン分を引っ張ってきてさらに別レーンへ分配し半田付けしただけです。

IMG_2378.JPG IMG_2381.JPG
デジタルパワーベースにはID登録ボタンが付いていて、コースにID登録するスロットカー1台を置き約4秒押して登録完了となるのですが、その際対応コントローラーが分かりやすいようにID登録ボタンの横にコントローラーのパネル色と合わせたシールを貼っています。

今のところデジタル化完了したスロットカーは9台。
今度デジタル化作業時には、スロットカーからの風景が見れるようにトレインスコープの取り付けを検討中です。
posted by けいたか at 23:08| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ★スロットカーA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お久しぶりです。
 デジタルユニットが付いたままでも、アナログコースを走れるとは知りませんでした。デジタル基盤の重量はどれほどなのでしょうか?たった数グラムでも重量バランス崩れませんか?腰高になりますよね。
 デジタル化したクルマをアナログコースで走らせると、電気的抵抗は増えそうですが、気にならない程度なのでしょうか?
Posted by つっくん at 2006年07月01日 22:25
ココログへのトラックバックの返事が遅くなりまして申し訳ありません。ココログへ乗り換えようとしましたが、使い方がいまいちわからず、Yahoo!ブログで行うようにしました。機会があったら覘いて見て下さい。
全車デジタル化を進めてるとの事で旧車で新型車を後ろからあおるのも楽しそうですね。
Posted by masaharu63 at 2006年07月01日 23:55
デジタル基盤のみの重さは量っていないのでわかりませんが、それによって走行感が変わった感じはしません。
多少走りがマイルドになったようには思いますが・・・。
レーンの内側、外側ともに走るので同じカーブでもスロットルの握り方の工夫が必要で、一人でも楽しく遊べます。
つっくんさんのオリジナルスロットカー製作の記事も楽しみに拝見してます。
頭文字Dのプラモのスロットカー化、面白そうですね。
Posted by たかたか at 2006年07月02日 00:01
初めまして、スロットカーサーキット・サニーベアーズです。

 この秋にオープンしたばかりの、初心者サーキットなのですが、クアトロックスのホームコースをつなぎ合わせて32.88メートルの営業サーキットをつくりました。

 しかし、記事でも御紹介されているとおり、4台同時走行だと、4台目を走らせたとたんにパワーダウンします。

 コースの電極の徹底したクリーニングで、パワーダウンは少し解消されるのですが、バイパス配線の事は知りませんでした。

 もう少し具体的に教えていただけないでしょうか?。よろしくお願いします。
Posted by サニーベアーズ at 2006年10月31日 04:48
サニーベアーズさんこんにちは。
返事が遅れてすみません。
さて、バイパス配線についてですが特に難しいことをしているのではありません。
電圧はパワーベースに近いところが一番安定していて、遠いほど弱くなります。(レールが抵抗になるため)
そこでパワーベース付近からコースの途中に(当方は3箇所)直接配線をつないでコース全体に出来るだけ均一の電力供給をしているのです。
当方の19m程度のコースなら4台同時走行でもストレスを感じないくらいに電力を安定させれます。
でもサニーベアーズさんのように30mを超えるコースになるとこの方法も通用しないかもしれません。
クアトロックスに付属の4台用パワーベースにはACアダプターが1個しかつなげないので限界がありますが、スケーレックスの6台用パワーベースなら2個接続できるので試してみるのもいいと思います。
しかし日本では手に入りにくいので、海外ショップや海外オークションを利用する必要があります。
Posted by たかたか at 2006年11月10日 00:04
たかたか様

●わざわざご訪問頂いてありがとうございました。

 通電量の不足によるスピード低下の問題は、コースの徹底したクリーニングと、スピードが出しにくいテクニカルコースにする事で、あまり気にならなくなったのですが、それでも6台同時走行できるパワーベースはなんとか手に入れたいと思っています。

 サニーベアーズのブログにもリンクしている、「ファントムUSA」さんという模型屋さんは、本社がアメリカなので、スタッフの方がアメリカと日本を毎月行き来しておられ、日本に無いものはアメリカで探してもって帰ってもらえるのです。もちろん、アメリカ仕様で、しかも若干割高になるのですが。

 パワーベースや、ニンコのマクラーレンF1、スケーレックスの拡張コース(レーンチェンジ各種・ピットレーン)なども入手したく、お願いしてみるつもりです。

 今回の御助言、ありがとうございました。

●それから、スロットXさんのページはとてもお勉強になるので、リンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?。ご連絡をお待ちしています。(2006.11.13 15:04:02)
Posted by サニーベアーズ at 2006年11月13日 15:12
バイパス配線の件、お役に立てたでしょうか?
当方は配線をハンダ付けしていますが、スケーレックスからもバイパス配線用のブースターケーブルが発売されてます。
手に入れて試してみるのも一案だと思います。

リンクの件ですがぜひお願いしたく思います。
当方もサニーベアーズさんをお気に入りリンクに登録させていただきたいのですがよろしいですか?
Posted by たかたか at 2006年11月13日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

楽天サバゲーグッズランキング!


にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


トップページ