2006年07月24日

AUTO・art製スロットカー・スバル インプレッサ WRC 2004 ラリージャパンをデジタル化

AUTOart製スロットカー、『スバル インプレッサ WRC 2004 ラリージャパン』をタカラトミー・クアトロックス・デジタルUPユニットを流用しデジタル化。
前回の記事で、ギヤ式四駆はデジタルUPユニットの収納スペースが確保しにくくデジタル化は困難と書きましたが挑戦してみました。
IMG_2466.JPG IMG_2468.JPG
左写真はデジタル化前のアナログ状態です。
モーターの前後ともにギヤがあり、ギヤを避ける為にギヤとの間にクリアランスを取るとボディと干渉してしまいます。
でもモーター横にデジタルUPユニットを縦に取り付けられそうなスペースがあります。
ボディを被せても干渉しないことが確認できたのでモーター横に設置することに決定。
リード線が短かったので各々延長しています。(右写真)
ダイオードを逆につなぐとレーンチェンジの信号を発しなくなるので注意!
その場合はつなぎ直せば問題ありません。

IMG_2470.JPG IMG_2472.JPG
ハンドドリルでシャーシに3mmの穴を開けダイオードを取り付け。
デジタル基盤を接着したあと各々のリード線をハンダ付け・・・。
と、ここまでは良かったんですが接着剤がはみ出て基盤に付着していて、気づかずに試走しショートさせてしまい基盤から煙が出て破損・・・。
今後気をつけねば・・・。
そんなこんなで、なんとかデジタル化完了です。

IMG_2473.JPG IMG_2474.JPG
AUTOartのスロットカーの出来はやっぱりいいですね。
よく走りはイマイチと評されてますがこの車に関してはなかなかいい走りをします。
アナログ時から良かったのですがデジタル化しても差はありません。



フィアット アバルト 124 スパイダー

オススメ!インターネットでスロットカーが買えるお店
次項有さかつうネット
次項有ダルマヤ模型店

おすすめのスロットカーパーツ
タカラトミー・クアトロックス・デジタルUPユニット
1/32ドライバーフィギア
トレインスコープ
1/32・スポンサーデカール
スーパー32シャーシ
手軽にスロットカーの楽しさが体験できるバンダイ・プレスハード
posted by けいたか at 22:03| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ★スロットカーA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させて頂いてます。トラックバックありがとうございます。デジタルコースは走らせた事がないのでわかりませんが、面白そうですね。ただ、基板を入れるのに苦労されてるみたいで頑張って下さい。私もライティングの時、部品配置や部品を押し込むのにいつも苦労してます。
では、また楽しい記事を期待してます。
Posted by masaharu63 at 2006年07月26日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村

楽天サバゲーグッズランキング!


にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


トップページ